[an error occurred while processing this directive]

石井行政書士事務所トップ > 修一の週一安心相談
サイトマップ
修一の週一安心相談

  • 毎週土曜、12:13~12:18 に、ラジオ番組『修一の週一安心相談』で、老後の不安や、生活の不安解消についてお話しています。
  • 2016年11月12日放送 水を備蓄しておこう

    2016年11月12日放送 水を備蓄しておこう
    「修一の週一安心相談」
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りします。

  • 防災士で行政書士、成年後見支援センター、 ヒルフェの、石井修一です。
    「修一の週一安心相談」は、安心・安全をテーマに、 心と頭の問題の「成年後見」や、 子や孫に気持ちと財産をつなぐ、「相続・遺言」、 さらに地震などの「防災、減災」について、 一緒に考え、そして「前向きに生きていきましょう!」
    という、生活応援企画です。
  • 今日は「水を備蓄しておこう」というお話をします。
  • 水の備蓄の話ですね。よろしくお願いします。
  • ところで関谷さん、広島平和記念資料館に行ったことあります?原爆ドームのすぐ近くです。
  • はい、あります。小学生の時、広島に住んでいたので、小学校の課外授業で行きました。
    とても大きな衝撃として記憶に残っています。
    でも、それと水の備蓄とどう関係があるんですか?
  • 私は9月の下旬に初めて行ったんです。
    展示してある資料を順に回って、見て行くんですが、「水をください」というメッセージが目に留まりました。
    黒い雨を飲む人々
    水を求め、被爆者は降ってくる黒い雨をのみました。
    と書かれていました。
    原爆のあとの雨ですから、放射能があります。
    爆風で空に舞った塵に上空の水分が付着して雨になって落ちてきます。
    だから黒い雨なんです。
  • 「黒い雨」という映画もありましたね。
  • どんな時でも水が大事です。
    広島の原爆では水がなく、黒い雨でも飲んだんです。
    その結果、死に至りました。

    首都直下地震はいつ起きてもおかしくないと言われています。
    国も都も区も水食糧を最低でも3日分、出来れば1週間分を備蓄しましょうと言っています。
    大人ひとりが最低必要とする水の量は1日に2リットルです。
    4人家族なら、1日8リットル必要です。
    3日で24リットル。
    1週間だと56リットルです。
  • 計算していくとスゴイ量になりますね。
    保管場所にも困りますね。
  • そうですね。
    でも水がなければ、命の危険です。
    ここは工夫してでも備蓄をお勧めします。
    1か所におくとそれなりのスペースが必要ですから小分けにするなどして、デッドスペースを活用してください。
  • 家の中にデッドスペースって意外とありますよね。
    考えてみます!
  • そうです。首都直下地震が起きた場合、東京へ大阪や新潟などからどうやって水を運びますか?
    おそらく道路は通れません。仮復旧にも相当な時間がかかります。
    そうなると、水が手に入らない。
    水が手に入らない時が来るかもしれない。
    だから自分の分は備蓄しましょう。
  • 先生、ありがとうございました。

    この番組ではリスナーの皆様からのご質問をお待ちしております!
    番組で質問が採用された方には、
    自分の気持ちを伝えるためのノート、「みちしるべ」をプレゼントします!

    ご質問、ご相談は、石井行政書士事務所でも受け付けております!
    江戸川区瑞江1丁目にある石井行政書士事務所の電話番号は、
    3698-3914、
    サブロー君はサンキュー石井です!
  • 来週はリスナーの方からのご相談にお答えします。
  • 今日の番組の内容については、
    石井行政書士事務所のホームページからも確認する事ができます!ぜひ、ご覧下さい!

  • 修一の、週一安心相談
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りしました。

    お問い合わせ/ご相談、ご不明な点などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
    石井行政書士事務所 http://www.tokyo141.com/
    < 石井行政書士事務所トップページ サイトマップ(このホームページの目次)