[an error occurred while processing this directive]

石井行政書士事務所トップ > 修一の週一安心相談
サイトマップ
修一の週一安心相談

  • 毎週土曜、12:13~12:18 に、ラジオ番組『修一の週一安心相談』で、老後の不安や、生活の不安解消についてお話しています。
  • 2016年10月8日放送 「女川いのちの教科書」のお話(続き)

    2016年10月8日放送 「女川いのちの教科書」のお話(続き)
    「修一の週一安心相談」
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りします。

  • 防災士で行政書士、成年後見支援センター、 ヒルフェの、石井修一です。
    「修一の週一安心相談」は、安心・安全をテーマに、 心と頭の問題の「成年後見」や、 子や孫に気持ちと財産をつなぐ、「相続・遺言」、 さらに地震などの「防災、減災」について、 一緒に考え、そして「前向きに生きていきましょう!」
    という、生活応援企画です。
  • 先生、今日は「女川いのちの教科書」の続きですね。
  • そうです。
    石碑の話の続きです。
    女川には21の浜があります。
    その浜からの津波到達地点に石碑を立てています。
    12基目まで完成しています。
    その石碑に刻まれている言葉がいいんです。
    石碑はこんな感じです。写真見てください。
  • あら、結構大きいんですね。
    大人の人が手を延ばしても届かない高さですから、優に2メートルはありそうですね。
    皆さんにも写真、お見せしたい!
  • では、関谷さん、石碑にかかれている言葉をご紹介ください。
  • 女川いのちの石碑 碑文

    千年後のいのちを守る為に
    東日本大震災で、多くの人々の尊い命が失われました。
    地震後に起きた大津波によって、ふるさとは飲み込まれ、かけがえのないたくさんの宝物が奪われました。
    「これから生まれてくる人たちに、あの悲しみ、あの苦しみを、再び合わせたくない!!」その願いで、
    「千年後の命を守る」ための対策案として、
    ① 非常時に助け合うための普段からの絆を強くする。
    ② 高台にまちを作り、避難路を整備する。
    ③ 震災の記録を後世に残す。
    を合言葉に、私たちはこの石碑を建てました。
    ここは、津波が到達した地点なので、絶対に移動させないでください。
    もし、大きな地震が来たら、この石碑よりも上に逃げてください。
    逃げ無い人がいても、無理やりにでも連れ出してください。
    家に戻ろうとしている人がいれば、絶対に引き止めてください。
    今、女川町は、どうなっていますか?
    悲しみで涙を流す人が少しでも減り、笑顔あふれる町になっていることを祈り、そして信じています。
    2014年3月 女川町立女川中学校卒業生一同
  • 中学生が、未来に向けて発したメッセージです。
    素直に表現しています。
  • 「1000年後の命を守る!」
    この子どもたち、ステキですね。
  • でしょ!、応援したくなりますよね。
    この教科書は、来年2月に完成予定です。
    ご紹介できるようになりましたら、またお話させていただきます。
  • はい、私も注目しています。

    この番組ではリスナーの皆様からのご意見ご質問をお待ちしております!
    番組で質問が採用された方には自分の気持ちを伝えるためのノート「みちしるべ」をプレゼントします!

    ご質問、ご相談は、石井行政書士事務所でも受け付けております!
    江戸川区瑞江1丁目にある石井行政書士事務所の電話番号は、
    3698-3914、
    サブロー君はサンキュー石井です!
  • 来週は「想定外」についてお話します。
  • 今日の番組の内容については、
    石井行政書士事務所のホームページからも確認する事ができます!ぜひ、ご覧下さい!

  • 修一の、週一安心相談
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りしました。

    お問い合わせ/ご相談、ご不明な点などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
    石井行政書士事務所 http://www.tokyo141.com/
    < 石井行政書士事務所トップページ サイトマップ(このホームページの目次)