[an error occurred while processing this directive]

石井行政書士事務所トップ > 修一の週一安心相談
サイトマップ
修一の週一安心相談

  • 毎週土曜、12:13~12:18 に、ラジオ番組『修一の週一安心相談』で、老後の不安や、生活の不安解消についてお話しています。
  • 2015年7月25日放送 「公正証書」

    2015年7月25日放送 「公正証書」
    「修一の週一安心相談」
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りします。

  • こんにちは。
    防災士で行政書士の石井修一です。
    「修一の週一安心相談」は、安心・安全をテーマに、心と頭の問題の、「成年後見」、 子や孫に気持ちと財産をつなぐ、「相続・遺言」、 はたまた、直接的な命の問題、地震などの「防災・減災」について 一緒に考え、そして 「前向きに生きていきましょう。」
    という、生活応援企画です。
  • 今日のテーマは何ですか?
  • 公正証書遺言についてお話しします。
  • よろしくお願いします。
  • 公正証書遺言は多少の手間と費用が掛かりますが、最も安全な遺言の作成方法です。

    作成場所は公証役場です。
    江戸川区の皆さんの場合は小岩公証役場が一番近い公証役場です。

    公証人が、皆さんの口述・言葉で伝えたことを、記録し、文書にしてくれます。
    そしてその場には、証人2名が立ち会います。
    口述した内容を文書にして、読み上げ、間違いないと確認したら、ご本人は署名し実印を押します。
    証人2名も順に署名し、押印します。
    証人は認印で大丈夫です。
    公正証書遺言は通常3通作成されます。
    原本、正本と謄本です。

    原本は公証役場で遺言を残された方が120歳になるまで、保管されます。
    正本と謄本はご本人に手渡されます。
    勿論、全て同じ内容です。
    正本は遺言執行者が決まっていれば、遺言執行者に預け、謄本をご本人が保管します。
  • 原本は120歳まで保管されるんですか・・?
  • はい、120歳になるまでは保管されます。
    120歳まで生きた人はいないからです。ですので、生きている間、必ず保管されていることになります。もしも、紛失したら、謄本を発行することができます。ね、安心でしょう?
  • 安心は分かるのですが、手間がかかって大変そうですね。?
  • そんな時は、行政書士に相談してください。
    私たち行政書士がその段取りを致します。

    遺言は、ご本人の最後の意思と判断され、厳格に実行されます。
    遺言は安心と安全のために作成します。
    こんな例もあります

    旦那さんも、お子さんに先に逝かれ相続人は、ご本人の兄弟と甥・姪で、その中の特定の数名に遺言で財産をのことすことになりした。
    そして一番頼りに資している甥に金額的には一番多く残して お墓のことを任せるせることにしたんです。
    死んだ後に、急にお墓を任せるなんて言っても、 心の準備もありますので、直接伝えておこうということになりました。
    内容を伝え、気持ちを伝えると甥は分かったといって、 これまで以上に親身になってくれました。
    遺言はのこすだけじゃなく、使い方も大事なんです。
  • なるほど、納得です。
  • 折角の遺言です。
    活用して、安心安全に生きましょう。

    来週は、防災・減災についてお話しします。
    知識と意識は大事です。
    イメージして安心・安全に備えましょう。
    ご質問・ご相談は石井行政書士事務所までお願いします。
  • 石井先生、本日はありがとうございました。
  • 修一の週一安心相談
    この番組は、あなたの街の法律家 石井行政書士事務所の提供でお送りしました。

    お問い合わせ/ご相談、ご不明な点などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
    石井行政書士事務所 http://www.tokyo141.com/
    < 石井行政書士事務所トップページ サイトマップ(このホームページの目次)