[an error occurred while processing this directive]

石井行政書士事務所トップ > 修一の週一安心相談
サイトマップ
修一の週一安心相談

  • 毎週土曜、12:13~12:18 に、ラジオ番組『修一の週一安心相談』で、老後の不安や、生活の不安解消についてお話しています。
  • 2015年7月18日放送 「自筆証書」

    2015年7月18日放送 「自筆証書」
    「修一の週一安心相談」
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りします。

  • こんにちは。
    防災士で行政書士の石井修一です。
    「修一の週一安心相談」は、安心・安全をテーマに、心と頭の問題の、「成年後見」、 子や孫に気持ちと財産をつなぐ、「相続・遺言」、 はたまた、直接的な命の問題、地震などの「防災・減災」について 一緒に考え、そして 「前向きに生きていきましょう。」
    という、生活応援企画です。
  • 本日のテーマは何ですか?
  • 「自筆証書遺言のポイント」です。
  • よろしくお願いします。
  • 遺言の代表的なものは自筆証書遺言と公正証書遺言です。
    今日は自筆証書遺言についてご説明します。
    自筆証書遺言は、本人が自筆で、遺言書と書いて、例えば、私が死亡した場合、私の全財産を妻のだれだれに相続させる。 と書いて、作成日、住所、氏名、印を押し、封筒に入れて、封をします。
    封筒には遺言書在中と書いて、氏名を書いて、印を押して出来上がりです。
  • 自分で書けばいいんですか?
    なんか簡単というか手軽なイメージですね。
  • 自筆証書遺言の特徴は、いつでも、どこでも、自分一人で、費用が掛からずに、紙とペンと、印があれば、できます。
    作成はルールさえ分かっていれば手軽にできます。
    手軽ですが、注意する点がいくつかあります。

    1.繰り返しますが、自筆で書くこと
    2.保管方法に気を付けること。
    遺言を作っていても、発見されなければ、無かったことになってしまいます。
    3.遺言の内容は自由に記載できますが、書いたから即、有効とはなりません。
    相続発生後に家庭裁判所で検認という手続きがあります。
    4.検印の手続きは相続人が行います。
  • 検認って何ですか?
  • 検印は家庭裁判所で自筆証書遺言を相続人の申立により開封し、遺言であることを証明する手続きです。
    検認により、遺言書として認められたからと言って、大丈夫と安心するわけにもいきません。

    遺言の内容に不満がある相続人からは、いろいろなことを言われかねません。
    例えば、これはお父さんの字じゃない。
    お父さんがこんなことを言うはずがない、財産がほしいからあなたが書かせたんでしょう。
    きっそそうだ、そうに違いないなんて、思わぬ展開になることもあります。
  • エッ、なんだか手間がかかりますね?
    せっかく書いてももめる原因になっているような感じです。
  • 全てがそうだということではなく、そのようなリスクがあるということです。そのことを分かったうえで作成する必要があります。
  • なるほど、そうなんですね。
    ではもっと安全な方法はないんですか?
  • 自筆証書遺言でも専門家に相談しながら書くぐらいの慎重さはほしいですね。
    最終的には公正証書遺言をお勧めしています。
    安全と言えば、公正証書で作成する遺言です。

    来週は、公正証書遺言についてお話しします。
    知識と意識は大事です。
    イメージして安心・安全に備えましょう。
    ご質問・ご相談は石井行政書士事務所までお願いします。
  • 石井先生、本日はありがとうございました。
  • 修一の週一安心相談
    この番組は、あなたの街の法律家 石井行政書士事務所の提供でお送りしました。

    お問い合わせ/ご相談、ご不明な点などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
    石井行政書士事務所 http://www.tokyo141.com/
    < 石井行政書士事務所トップページ サイトマップ(このホームページの目次)