[an error occurred while processing this directive]

石井行政書士事務所トップ > 修一の週一安心相談
サイトマップ
修一の週一安心相談

  • 毎週土曜、12:13~12:18 に、ラジオ番組『修一の週一安心相談』で、老後の不安や、生活の不安解消についてお話しています。
  • 2016年3月26日放送 子供たちの法律についてのお話

    2016年3月26日放送 子供たちに、法律についてのお話
    「修一の週一安心相談」
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りします。

  • 防災士で行政書士、成年後見支援センター、 ヒルフェの、石井修一です。
    「修一の週一安心相談」は、安心・安全をテーマに、 心と頭の問題の「成年後見」や、 子や孫に気持ちと財産をつなぐ、「相続・遺言」、 はたまた直接的な「命の問題」、 さらに地震などの「防災、減災」について、 一緒に考え、そして「前向きに生きていきましょう!」
    という、生活応援企画です。
  • 先生、今日のテーマは何ですか?
  • 今日は、卒業式にちなんで、子供たちに法律についてお話したいと思います。
  • 卒業式か、なつかしいなー。
  • 私の時は、仰げば尊し、と、蛍の光を聴くと、 走馬灯のように、青春時代を思い出します。
    うるうる・・しちゃいますね。

    さて、当然ですが小学校を卒業すると中学生です。
    ここで一大転機が起こります。
  • 一大転機、なんかすごそうですが、なんでしょう?
  • バス、電車が大人料金になるんです。
    私は、とってもショックでした。
    なんか損した気分でした。
  • そうそう、昨日まで子供料金だったのが、大人料金になりました。
    でも、なんでこのタイミングなんでしょう?
  • それは、契約なんですね。
  • ぇっ。15歳の子供に、契約ですか?
  • 子供でも、日常生活に、ちゃんと法律が浸透しています。
    例えば、おこずかいを親からもらいます。
    そしてお菓子を買ったり、好きなおもちゃを買います。
  • そうですね。
    普通にあることです。
    それと契約と、何の関係があるんですか?
  • 実は、お金を貰うのは贈与契約の一つです。
    親が自由に使っていいよといわれたお金でモノを買うのは、 未成年者が処分することを許された法律行為を行っていることになります。
    これが法律がなかったら、お店はうっかり売ることもできないんです。
    なので、単なるお小遣いで買い物をすることが法律行為として立派に成立した契約になっているんです。
  • へ~知らなかった。
    そんなところに法律が存在していたとは、思いもしませんでした。
  • さて、中学を卒業すると、この時年齢は15歳です。
    実は、遺言ができる年齢は満15歳以上と定められています(民法961条)。
    満15歳以上であれば、親の同意なども必要なく、単独で有効に遺言をすることができます。
    一般的には、未成年者は単独では法律行為ができず、親などの法定代理人の同意が必要とされていますが、 遺言に関してはこの原則は適用されません。
  • そうなんですね。
    子ども扱いしちゃいけないんですね。
    そうか、卒業のたびに大人に一歩一歩近づいて行くんですね。
    中学生にもこの番組が少しでもお役にたてたら嬉しいです。

    この番組ではリスナーの皆様からご質問を随時受け付けております!
    番組で質問が採用された方には私の想いをまとめるノート「みちしるべ」をプレゼントします!

    ご質問、ご相談は、石井行政書士事務所でも受け付けております!
    江戸川区瑞江1丁目にある石井行政書士事務所の電話番号は、
    3698-3914、
    サブロー君はサンキュー石井です!
  • 来週は、今が盛りの花粉症対策についてお話しします。
    基本は防災対策と同じです。
  • 今日の番組の内容については、
    石井行政書士事務所のホームページからも確認する事ができます!ぜひ、ご覧下さい!

  • 修一の、週一安心相談
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りしました。

    お問い合わせ/ご相談、ご不明な点などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
    石井行政書士事務所 http://www.tokyo141.com/
    < 石井行政書士事務所トップページ サイトマップ(このホームページの目次)