[an error occurred while processing this directive]

石井行政書士事務所トップ > 修一の週一安心相談
サイトマップ
修一の週一安心相談

  • 毎週土曜、12:13~12:18 に、ラジオ番組『修一の週一安心相談』で、老後の不安や、生活の不安解消についてお話しています。
  • 2015年11月21日放送 「遺言のススメ-事例紹介 パート2」

    2015年11月21日放送 「遺言のススメ-事例紹介 パート2」
    「修一の週一安心相談」
    この番組は、あなたの街の法律家、石井行政書士事務所の提供でお送りします。

  • こんにちは。
    防災士で行政書士、成年後見支援センターヒルフェの石井修一です。
    「修一の週一安心相談」は、安心・安全をテーマに、心と頭の問題の、「成年後見」、 子や孫に気持ちと財産をつなぐ、「相続・遺言」、 はたまた、直接的な命の問題、地震などの「防災・減災」について 一緒に考え、そして 「前向きに生きていきましょう。」
    という、生活応援企画でしたよね。
  • 先週は、こういう方は遺言を作成しておいたほうが良いですよ。というお話しでした。
    今日も、その続きのお話しでしたよね。
  • はい、今日お話しするのは、障がいを持った子供や介護が必要な子供がいるケースについてです。
    このケースは、親が元気なうちは何でも親が判断し、決断し、手助けをすることができますよね。
    考えなくてはいけないのことは、親がいなくなった後の事です。
    障がいをもった子供のことを、誰に、何を託したらいいのでしょう?
  • できるだけ、たくさんの財産を遺してあげたいし、誰かに面倒見てもらいたい気持ちを、両立させたいですよね。
  • そうですね。普通に遺言で財産を遺す方法もありますが、 もし、兄弟がいるなら面倒を見てほしいとお願いして、兄弟に多くの財産を遺し、条件をつける方法があります。
    どちらが安全でしょう。考えどころですよね。
  • 言葉で言うほど簡単じゃなさそうですね。
  • そうなんです。
    この場合、身体に障がいがある場合は、自分で財産管理ができますが、 知的障がいや精神障がいの場合、遺言だけでなく、 財産を管理してもらえる、成年後見制度を使うかどうかも視野に入れて考えなければなりません。
    遺言は、諸刃の剣ですから、基本的に遺言通りになります。 いろんなシュミレーションをして、顔を思い浮かべて、ありがとうって言ってくれる遺言を遺したいですよね。
  • はい。本当にそう思います。
  • では次に、相続人以外の方に財産を遺したいと考えている方のケースについて、お話しします。
    この場合、わかりやすい事例として挙げられるのが、息子の嫁さんに財産を相続させたいケースです。
    普通、息子の嫁さんは相続人ではないので、財産がお嫁さんに行くことはありません。
    でも、いつもよくしてくれるので、せめて財産くらいはお嫁さんにも遺してあげたい。という気持ちがあるなら、 その気持ちが入った遺言を、ちゃんと作らないと、1円もお嫁さんには行きません。
  • まさに、気持ちを形にするってことですね。
  • そうなんです。遺言というのは自分が生きているうちに気持ちを伝えるための手段になります。
    そして、生きているうちに、感謝されるものなんです。
  • なんだか、いい関係が目に浮かびます。
  • そう、それが大切なんです。
    豊かな人生を送るためにも、遺言という形で自分の気持ちを伝える。
    これは、今生きている、大事なこの時間を、安心して過ごせることにもなるんです。
    遺言の本質は、ここにあるのだと、私は思います。
  • なるほど、遺言を活用して、豊かな人生を送る。
    なんだか遺言のイメージが変わりました。
  • 来週は、失敗しない遺言作成についてお話ししますね。
    知識と意識は大事です。
    イメージして安心・安全に備えましょう。

    ご質問・ご相談は石井行政書士事務所までお願いします。
    電話番号は、3698-3914
    「サブロー君はサンキュー石井」です!
  • 石井先生、今日もありがとうございました。
    今日の番組の内容については、 石井行政書士事務所のホームページからも確認する事ができます!ぜひ、ご覧下さい!
  • 修一の週一安心相談
    この番組は、あなたの街の法律家 石井行政書士事務所の提供でお送りしました。

    お問い合わせ/ご相談、ご不明な点などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
    石井行政書士事務所 http://www.tokyo141.com/
    < 石井行政書士事務所トップページ サイトマップ(このホームページの目次)