[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

5.防災教育

一般的には次の内容を教育内容としているところが多いようです。

1.火災・地震など緊急時の行動について

自衛消防隊とは・・・
自衛消防隊の各係り(通報連絡係、避難誘導係、初期消火係、安全防護係など)の手順 の確認

通報の方法
受信機への連絡、防災センターへの連絡、消防署への通報など方法と手順について

パニックを防止するために
パニックを起こすと避難誘導どころの話ではありません。毅然とした態度で「私が皆さんを 安全なところまで誘導します!」と、大きな声で案内をします。そこにいる誰よりも先に、 大声をあげることがポイントです。
(これは訓練しておかないとなかなかできるものではありません。)

避難場所の確認
避難場所は発生する状況により変わります。火災では煙から身を守ることが

消防用設備の取り扱い要領
消防用設備は設置にも維持にも費用がかかります。にもかかわらず使い方を知っている 人が少ないようです。いざという時に使えなければ意味がありません。
使い方は決して難しいものではありません。
日頃から関心を持つことで誰でも使えるようになります。

2.予防について

防火の知識
消火の原理、手順・方法など

火気管理について
厨房機器、ストーブ、工事などで用いる溶接などの機械について

施設の管理について
避難通路、階段の管理についてなど

< 4.消防訓練 6.防火管理組織と自衛消防隊組織 >

お問い合わせ/ご相談、ご不明な点などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
石井行政書士事務所 http://www.tokyo141.com/
< 石井行政書士事務所トップページ サイトマップ(このホームページの目次)